花粉対策には鼻うがいのナサリン

MENU

TOP > 使用方法

使用方法

鼻洗浄 / 鼻うがいのやり方

食塩水調整法

塩小さじ1/2杯とぬるま湯約250mlをかき回して塩(ナサリン専用塩1袋)を溶かします。ぬるま湯は人肌程度のものを使用してください。洗浄時に鼻に軽い刺激を感じる場合は、塩が多すぎるまたは少なすぎる、あるいは温度が高すぎることが考えられます。また、ゆっくり注入することでもやわらぎます。 防腐剤に対するアレルギーの発生を予防するために、ナサリン専用塩を使用することをおすすめします。

簡単なご使用方法

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • 注入器を食塩水で完全60mlまで満たしてください。
  • 浴室シンク、洗面器、浴槽などの上に少し被さるように立ってください。鼻孔を完全に塞ぐようにチップを鼻に押し当てて下さい。注入器の下部を押し上げ、食塩水を鼻孔にゆっくり入れてください。このとき、口を開け「アー」と発声することにより飲み込みが防げます。
  • 食塩水が鼻腔の後部に達すると、反射によって口蓋が自然に閉まります。食塩水は鼻腔を満たし、過剰な分泌物と共に他方の鼻孔へと流れます。食塩水が喉に達する場合がありますが有害ではありません。洗浄は1つの鼻孔あたり約5秒かけるのが適当です。
  • 他の鼻孔についても同様のプロセスを繰り返してください。
  • ティッシュ等で鼻から余分な食塩水を取り除いてください。食塩水が鼻にとどまり、数時間後に外に出る場合があります。洗浄後すぐに頭を前に傾けて左右に振ることによってそれは防止できます。うっ血がひどい場合、食塩水が目から出る場合があります。これは有害ではなく、ゆっくり洗浄することによって防止できます。
  • ご使用後は、3つに分解してぬるま湯で洗い、注入器本体にピストン部分をもどして、先端部分ははずしたまま、自然乾燥させてください。ゴムが劣化し動きにくくなるのを軽減します。

使用量および頻度

食塩水は片方の鼻孔に注入器全量分使用してください。洗浄は朝と夕、および必要な場合にいつでも行ってください。ナサリン計量コップ一杯で注入器(60ml)の約4回分です。35mlのジュニアサイズは約6回分です。

Close